店舗デザインでユーザビリティを追求

店舗デザインは外観や内観に凝るためだけではなく、ユーザーの使用感にも大きく左右する部分です。
つまり、店舗デザインを適切に組み立てることは、ユーザビリティを向上させて満足度を得ることに繋がります。
参考:店舗デザイン事例 | STORE PALETTE

その中で最も気を配る部分として挙げられるのが、個人で利用する施設のゾーニングです。
例えば、学習塾など年齢層を限定した施設であれば、ユーザーを意識したデザインを施すことでゾーニングに相乗効果が得られます。
特に小中学生までの幼い世代をターゲットにしている場合は、親しみやすさを演出するためのカジュアルなデザインが効果的です。

また、カジュアル過ぎるデザインだけではなく、居心地の良さと集中できる環境を両立している必要があります。
学習塾のようにセンシティブな施設であれば、より一層とオフィスデザインに注目してユーザーの満足度を高めるべきです。

他の施設においても同様に、店舗デザインを取り入れた環境作りを心がけてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました